サッカー日本代表 サムライブルー 背番号「7」 柴崎岳

サッカー日本代表 サムライブルー 背番号「7」 柴崎岳

サッカー日本代表 サムライブルー 背番号「7」

間違いなく、ワールドカップ2018ロシア大会のサッカー日本代表(サムライブルー)の司令塔は、背番号「7番」柴崎岳。

 

 

落ち着きはらった柴崎岳のプレーは、かつての日本代表の司令塔「中田英寿」を彷彿させた。

スペインの1部リーグでプレーをする柴崎岳にとってワールドカップの舞台は、まさに日常レベル。

普段通りのプレーができれば結果がついてくる。

 

サムライブルー背番号「7」柴崎岳は、ワールドカップの直前の試合での活躍により大抜擢されたのではなく、

スペインリーグでの日常による必然だった。

 

 

四年後の2022カタールワールドカップで30歳になるサムライブルーの柴崎岳。

さらにワールドクラスのプレーで人々を魅了してくれるはず・・・

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です