2018 ワールドカップ サッカー日本代表 サムライブルー 背番号「1」 川島永嗣

サッカー日本代表(サムライブルー)の2018ワールドカップ ロシア大会の背番号「1」は、3大会連続出場の日本の守護神「川島永嗣」。

 

サムライブルー(日本代表)は、初戦コロンビア戦に快勝しながらも、フリーキックからの失点に背番号「1」のゴールキーパー川島永嗣に批判の声が・・・

 

ワールドカップ初戦のコロンビア戦の失点場面。

コロンビアの直接フリーキックは、日本代表サムライブルー5人(背番号3・昌子)(背番号22・吉田)(背番号17・長谷部)(背番号8・原口)(背番号15・大迫)の壁の下をそれほど強烈ではないボールが通り抜け日本のゴールに吸い込まれた。

日本の守護神背番号1川島がボールに触れゴールの外にかき出しましたが、すでにゴールラインを超えた後でGLT(ゴールラインテクノロジー)でレフリーにはゴール情報が送信済。

このゴールは、ゴールキーパー背番号1川島の反応遅れが原因と思われがちですが、

実は試合前の打ち合わせでフリーキックの壁はジャンプしない取り決めになっていたのです。

キーパー川島にとっては、来るはずのないところからボールが飛んできたのです。

上から来るボールに全神経を集中していたキーパー川島(背番号1)に止められるシュートではなかった・・・

 

 

 

サムライブルー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です