オフザボール【サッカー用語】

サッカー選手は自分がボールを持っていない時、または近くにボールがない時はただぼーっと突っ立っているだけではありません。

オフザボールと呼ばれる、ボールを持っていない時の動きが大事になってくるんです。

たとえばFWの選手は相手DFの最終ラインで何度もダッシュ&ストップを繰り返し、いつでもロングパスが来たら飛び出すぞ!といった動きをします。それによって、ディフェンダーはボールとマークについているFW、両方の動きを気にしなければならないので隙が出来るということです。

また、味方がドリブルでゴール前まで来ている時、あえてパスを貰いにいかず、離れた場所へ走り出すというのも有効な方法です。

これにより、敵DFは走り出したFWがロングパスを貰いフリー状態になることを恐れ、ドリブルでゴール前に迫っている選手の周りが手薄になります。

つまり、オフザボールとはボールと関係していない状態で色々と仕掛けたり走り出す。それによってディフェンスがボールを持っている選手だけでなく、すべての選手に注意しなければなくなる。そういう効果のある動きなのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">