2014ワールドカップアジア最終予選1位の日本、たった1試合で首位の座をヨルダンに奪われる可能性も!?

9月11日に日本の埼玉スタジアムで日本VSイラクの試合が行われました。この試合は2014年ブラジルワールドカップアジア最終予選の全8戦中の4戦目となります。

試合結果はイラクに対し1-0と接戦ながらも勝利し、無事勝ち点3を獲得することが出来ました。この結果を踏まえた上での日本の順位は以下の通りとなります。

グループA 勝ち点 試合数 得点 失点 得失点
日本 10 4 3 1 0 11 1 +10
ヨルダン 4 3 1 1 1 3 8 -5
イラク 2 3 0 2 1 2 3 -1
オーストラリア 2 3 0 2 1 2 3 -1
オマーン 2 3 0 2 1 1 4 -3

気持ちいいですね。勝ち点10で日本は首位。グループBでは上位2チームが進出確定となるので、日本はかなり優位な立場にたったとみてよいでしょう。

ただし、油断は禁物です。

上記順位結果を見るとわかりますが、日本は4試合消化しているのに対し、他の国は3試合しか消化していない。つまり日本が1試合多いのです。

この状況は10月16日に行われる試合で修正されます。10月16日は『イラクVSオーストラリア』『オマーンVSヨルダン』の2試合が予定されていますが、日本は試合がありません。この日ですべての国が4試合消化となります。

1試合で日本の首位が奪われる可能性も!?

もし、10月16日に行われる試合で現在2位のヨルダンがオマーンに勝ち、11月14日に行われる『イラクVSヨルダン』『オマーンVS日本』で日本が負け、ヨルダンが勝利するようなことがあれば、ヨルダンがグループ首位になる可能性もありえるのです。

まぁ、これは得失点差に15点差と大きな開きがあるので非現実な話ですが、日本が第5戦、第6戦と負けるようなことがあれば、かなり現実的な話です。

そんな最悪な事態にならないように、日本を応援する側としても、引き続き気を引き締めて応援していきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">