WC最終予選、日本代表同組のヨルダンVSイラクは1-1のドロー。日本の順位は!?

昨日の夜に行われた最終予選初戦、日本VSオマーン戦は、3-0で日本が勝ち、良い感じのスタートが切れました。

同日3日、日本と同じ、グループBに属するヨルダンとイラクの試合も行われておりました。結果の方は1-1でドロー。前半14分、イラクのNashat Akram選手がエリア付近でシュートフェイントを仕掛け、崩れたDFの一瞬の隙を突きグラウンダー気味のシュートで先制。その後前半43分、ヨルダンがゴールから30メートル近くの位置で強烈なロングシュート、イラクのゴールキーパーが処理を見誤り、ボールがこぼれたところをヨルダンのAhmad IBRAHIMが押し込み同点。後半はスコアは動くことなくそのまま試合は終了となりました。

得点シーンのハイライトしか見れていなかったのでなんともいえませんが、エリア外からのロングシュートには警戒する必要がありそうです。

サッカー日本代表WC2014、グループB順位表

グループB 勝ち点 試合数 得失点
日本 3 1 +3
イラク 1 1 0
ヨルダン 1 1 0
オーストラリア 0 0 0
オマーン 0 1 -3

最終予選、日本代表 得点者一覧

得点者:オマーン戦:本田圭佑、前田遼一、岡崎 慎司

最終予選、運命の8試合、次の日本の相手は6/8のヨルダン

上昇思考幸せを感じるために大切なこと
長友 佑都
角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-05-25)
売り上げランキング: 137
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">