FK獲得⇒キッカー同士が言い争いのケンカ⇒のフリをして、唖然としている間にゴール

動画投稿サイト、YouTubeでひとつのフリーキックが話題になっています。


YouTube

ゴール前でフリーキックを獲得。ボールの前にはキッカーが3人、さて誰が蹴るのか?おっと、キッカーの2人が胸ぐらを掴み言い争い。もしかしてケンカか?と相手が唖然としている内にもう1人のキッカーがシュート、ゴール。

つまりはケンカをしたふりフェイントって訳ですね。

このプレイはあり?なし?

このプレイをみて、なんて卑怯なプレイなんだ。とお怒りになる方もいらっしゃるかもしれませんが、個人的には面白い発想の良いプレイだと思います。

卑怯なプレイといえば問答無用で批判の対象となりますが、ずるがしこいプレイといえば感じ方も変わってくるはずです。審判が笛を吹いている以上、試合は動いているわけで、この言い争いフェイントで敵が油断したのであれば、引っかかる選手が悪いということになります。

サッカーを見る際はこういったプレイに対する寛容さがなければ、今後楽しみづらいのではと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">