サッカー選手が試合中にガムを噛む理由

サッカーの試合を見ているとたまにガムを噛んでプレイしている選手が見受けられます。

その行為に対して、人によっては『代表戦という国を背負って戦っているのにガムを噛んでふざけるなんてなにごとか!?』と激怒する人もいます。

でも、本当にサッカー選手はふざけてガムを噛んでいるのでしょうか、訳もなくガムが噛みたいからという理由だけで噛んでいるのでしょうか、答えは違います。ちゃんとサッカー選手がガムを噛むことには意味があるのです。

サッカー選手がガムを噛む理由

ガムを噛むということは心拍数を整える効果があるとされています。これは科学的にも検証済みの結果です。

自分が蹴ったシュート1つでワールドカップ出場するかどうかが決まる、試合終了まであと数分、ここで守りきれば勝てる。そんな時敵のスター選手がドリブルを仕掛けてきている、自分のPKの結果で試合が決まる、等、サッカーをやっていると緊迫する瞬間に幾度となく遭遇します。

選手も人間です。世界一のサッカープレイヤーがPK時、ゴールの枠を大きく飛び出すキックミスをしてしまうようにビックリするようなミスをすることがあります。

そんなミスを極力しないように、心拍数を一定に保ち、緊張を落ち着かせるようにガムを噛んでいるのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">