Monthly Archives: 7月 2013

マンUVSマリノスのMOM香川真司は出来レース?オンオブザマッチの選出にブーイングも

本日、7月23日、横浜の日産スタジアムでマンチェスターユナイテッドと横浜Fマリノスの練習試合が行われました。

試合結果は3-2で日本の横浜Fマリノスが勝利。普通なら歴史的勝利に盛り上がっている筈が双方のサポーターから不満が湧き上がっています。

理由は双方のチームともにメンバーはほぼ2軍でした。そして、試合前から煽っていた中村俊輔と香川真司の新旧10番対決も中村が前半20分に体調不良により選手交代し、香川が先発じゃなかった為に実現せず。

先発じゃない香川真司は、試合の2/3が経過した61分に出場。らしいプレイこそありましたが、目立った活躍はありませんでした。

結果を残せていない香川真司にマンオブザマッチ

マンオブザマッチ、通称MOMはその日の試合でもっとも活躍した選手に贈られる賞です。そのMOMに香川真司が選ばれました。

MOMの意味を成し得ない選出に、最初から香川真司が選ばれるのが決まっていたのではないか?という声がネットを中心に巻き上がっています。

なによりスタジアム内では選ばれた香川に対して大きなブーイング。直接スタジアムで見たお客さんからも選出を疑問視されているようです。

香川真司が悪いのか!?

もっと香川真司の活躍が見たかった、良いパフォーマンスを見たかったという期待の裏返しの意味での批判もあるでしょうが、向けられたブーイングの大半の原因はMOMを軽視した選出サイド側に向けられたものでしょう。

今回の試合に大きな盛り上がる点がなかったからといって、むりやりのMOM香川真司で盛り上げようとするのは香川真司に対して失礼だし、なによりサッカーファンを侮辱している。そういう声がネットでは上がっています。

マンチェスターユナイテッドは3日後にあたる7月26日に、香川の古巣セレッソ大阪と練習試合を行う予定です。

この試合でも香川のセレッソ時代の背番号8番を受け継いだ柿谷曜一朗が東アジアカップ選出の為不在と、事前に盛り上がる予定だった要素が抜けて尻すぼみな感じは否めませんが、双方ともに良い試合をして挽回してもらいたいですね。