Monthly Archives: 9月 2012

サッカー海外リーグに所属する日本人選手の試合結果9/22~9/24

イングランド プレミアリーグ

9/23、香川率いるマンチェスターユナイテッドVSリヴァプールの試合結果は

プレミアリーグ第5節、マンUVSリヴァプールの試合結果は2-1でマンUが勝利しました。

マンチェスタユナイテッドに所属する香川選手は1アシストを記録し、82分までプレイをしました。

9/22、吉田、季率いるサウサンプトンVSアストンヴィラの試合結果

プレミアリーグ第5節、サウサンプトンVSアストンヴィラの試合は4-1でサウサンプトンが勝利しています。この勝利でサウサンプトンは初勝利、開幕から4連敗と厳しい状況だっただけにこの勝利は大きいのでは?

サウサンプトンに所属する吉田、季選手ですが、吉田選手はフル出場、季選手はベンチ外となっております。

イタリア セリエA

9/23、長友率いるインテルVSシエーナの試合結果

セリエA第5節インテルVSシエーナの試合結果ですが、0-2とインテルは負けてしまいました。この試合では日本代表である長友選手はフル出場しました。

ドイツ ブンデスリーガ

9/24、宇佐美率いるホッフェンハイムVS酒井率いるハノーファーの日本人対決の試合結果

ブンデスリーガ第4節、ホッフェンハイムVSハノーファーの試合結果は、3-1でホッフェンハイムが勝利しています。

ホッフェンハイムの宇佐美貴史は先発出場で後半36分までプレイし、様々なチャンスを演出しました。

ハノーファーの酒井宏樹は後半28分から途中出場となりました。酒井はこの出場がブンデスリーガのデビュー戦となります。

9/22、清武率いるニュルンベルクVS乾率いるフランクフルトの日本人対決の試合結果

ブンデスリーガ第4節、清武率いるニュルンベルクVS乾貴士率いるフランクフルトの試合結果ですが、2-1でフランクフルトが勝利しています。

清武、乾ともにフル出場し、乾は1ゴールを、清武は1アシストを挙げ大きくチームに貢献する活躍をみせています。

9/24、酒井、岡崎率いるシュトゥットガルトVSブレーメンの試合結果

ブンデスリーガ第4節、シュトゥットガルトVSブレーメンの試合は2-2で引き分けに終わっています。

シュトゥットガルトに所属する酒井高徳と岡崎慎司はともに先発での出場で、酒井がフル出場。岡崎が81分まで出場しています。

9/22、内田率いるシャルケVSバイエルンミュンヘンの試合結果

ブンデスリーガ第4節シャルケVSバイエルンの試合結果は0-2でバイエルンが勝利しています。

シャルケに所属する内田選手はベンチに入ったものの出場はありませんでした。

9/23、磯貝率いるレバークーゼンVSボルシアメンヒェングラッドバッハの試合結果

ブンデスリーガ第4節、レバークーゼンVSボルシアMGの試合結果は1-1の引き分けに終わりました。

レバークーゼンに所属する磯貝萌選手はベンチには入ったものの出場機会はありませんでした。

ロシア プレミアリーグ

9/22、本田圭祐率いるCSKAモスクワVSボルガの試合結果

ロシアリーグ第9節ヴォルガVSCSKAモスクワの試合結果ですが、3-2でCSKAモスクワが勝利しています。

CSKAモスクワに所属する本田圭祐選手は試合を決定付ける決勝点をアシストとチームの勝利に大きく貢献しています。

2014ワールドカップアジア最終予選1位の日本、たった1試合で首位の座をヨルダンに奪われる可能性も!?

9月11日に日本の埼玉スタジアムで日本VSイラクの試合が行われました。この試合は2014年ブラジルワールドカップアジア最終予選の全8戦中の4戦目となります。

試合結果はイラクに対し1-0と接戦ながらも勝利し、無事勝ち点3を獲得することが出来ました。この結果を踏まえた上での日本の順位は以下の通りとなります。

グループA 勝ち点 試合数 得点 失点 得失点
日本 10 4 3 1 0 11 1 +10
ヨルダン 4 3 1 1 1 3 8 -5
イラク 2 3 0 2 1 2 3 -1
オーストラリア 2 3 0 2 1 2 3 -1
オマーン 2 3 0 2 1 1 4 -3

気持ちいいですね。勝ち点10で日本は首位。グループBでは上位2チームが進出確定となるので、日本はかなり優位な立場にたったとみてよいでしょう。

ただし、油断は禁物です。

上記順位結果を見るとわかりますが、日本は4試合消化しているのに対し、他の国は3試合しか消化していない。つまり日本が1試合多いのです。

この状況は10月16日に行われる試合で修正されます。10月16日は『イラクVSオーストラリア』『オマーンVSヨルダン』の2試合が予定されていますが、日本は試合がありません。この日ですべての国が4試合消化となります。

1試合で日本の首位が奪われる可能性も!?

もし、10月16日に行われる試合で現在2位のヨルダンがオマーンに勝ち、11月14日に行われる『イラクVSヨルダン』『オマーンVS日本』で日本が負け、ヨルダンが勝利するようなことがあれば、ヨルダンがグループ首位になる可能性もありえるのです。

まぁ、これは得失点差に15点差と大きな開きがあるので非現実な話ですが、日本が第5戦、第6戦と負けるようなことがあれば、かなり現実的な話です。

そんな最悪な事態にならないように、日本を応援する側としても、引き続き気を引き締めて応援していきたいですね。