Category Archives: サッカー用語

オフザボール【サッカー用語】

サッカー選手は自分がボールを持っていない時、または近くにボールがない時はただぼーっと突っ立っているだけではありません。

オフザボールと呼ばれる、ボールを持っていない時の動きが大事になってくるんです。

たとえばFWの選手は相手DFの最終ラインで何度もダッシュ&ストップを繰り返し、いつでもロングパスが来たら飛び出すぞ!といった動きをします。それによって、ディフェンダーはボールとマークについているFW、両方の動きを気にしなければならないので隙が出来るということです。

また、味方がドリブルでゴール前まで来ている時、あえてパスを貰いにいかず、離れた場所へ走り出すというのも有効な方法です。

これにより、敵DFは走り出したFWがロングパスを貰いフリー状態になることを恐れ、ドリブルでゴール前に迫っている選手の周りが手薄になります。

つまり、オフザボールとはボールと関係していない状態で色々と仕掛けたり走り出す。それによってディフェンスがボールを持っている選手だけでなく、すべての選手に注意しなければなくなる。そういう効果のある動きなのです。

オフサイド【サッカー用語】

オフサイドとは、パスを出した時、パスの受け手の前に敵が最低2人
いないと反則扱いとなります。

敵の2人には、ゴールキーパーも含まれるのでゴールキーパーとDFのより前にパスの受け手である味方がおり、その味方にパスを出してしまうとオフサイドです。


※図、左の青の選手がパスを蹴った瞬間、受け手の選手の前にGKひとりしかいないのでその時点でオフサイドです。

なぜオフサイドが存在するのか

オフサイドがなければ敵ゴールキーパーの真ん前に長身のFW選手を残してそれ以外の選手は全員で守備、攻撃時は長身のFWにふわりとロングパスをし、ゴールみたいな感じで単調な試合になってしまいます。

そういった試合にならないようにオフサイドが存在しているのです。

オフサイドかどうかの判定は副審によって判断される

オフサイドだと判定されるのは、オフサイドポジションにいる味方へパスを出した瞬間になります。ボールを蹴った瞬間、その瞬間にパスの受け手である味方の前に敵2人がいなければオフサイドです。パスを出した瞬間なので、パスを受ける側が受け取った時に戻っていてもオフサイドと判定されます。これを戻りオフサイドといいます。

ただし、オフサイドの判定は機械的にではなく、副審によって行われる為、度々誤審が行われます。もちろん、副審はプロなのでそうそう間違うことはありませんが、オフサイドであるかどうかが微妙な場合は判定を誤る場合が多々あります。

オフサイドが適用されない例外もある

  • スローインでオフサイドポジションにいた場合
  • ゴールキックでオフサイドポジションにいた場合
  • コーナーキックでオフサイドポジションにいた場合
  • 自陣内でオフサイドポジションにいた場合

スローイン時オフサイドポジションにいてもオフサイドだと判定されません。そしてゴールキックでオフサイドポジションにいてもオフサイド扱いとはなりません。あんなに遠く離れたゴールキックから反対側のゴールの前までパスを飛ばせるの?と疑問に思われるかもしれませんが、キック力が強いキーパーなら反対側のゴール付近までボールを届けるのは可能です。

あと自陣内であればオフサイドが取られないというのも忘れてはいけないポイントです。

サッカーコートは大きく分けて自陣と敵陣があります。サッカーコートの真ん中であるセンターライン、ここから分けてDFやGKがいる方が自陣、敵のDFやGKがいるのが敵陣となります。自陣内であればパスの受けての前に敵が2人いなくてもオフサイドとなりません。

なので実際の試合でも、試合終了終盤、負けていて後がなくなったチームが最後の攻撃が与えられたコーナーキックなどでGKやDF全員を全員あげて全員で総攻撃、失敗してコート半分あたりで待ち構えていたFWにロングパスが行き渡り独走でダメ押しゴールなんてこともあります。

視聴者としてオフサイドかどうかを楽しむために

試合中はサッカーコートのサイドラインに副審が旗を持って走っています。その副審の旗が上がっていればオフサイドです。

パスを受け取った選手にとって、オフサイドなのか、そうじゃないかは大事な部分なので得点などをした場合、真っ先に確認します。なので選手のリアクションを見ればわかるでしょうし、サッカーをテレビで観戦していれば実況のアナウンサーが「オフサイドですね。」とってくれるでしょう。

なので、得点が入ってもオフサイドであればすぐにわかるとは思います。ですが、オフサイドのルールについて知っておくことで納得してサッカーを観戦できるんじゃないでしょうか。

イエローカード「サッカー用語」

イエローカードとは、主審が反則をした選手に対して出すことが出来るカードです。

審判が反則をした選手に対して出せるカードは「イエローカード」と「レッドカード」の2種類があります。

イエローカードが同じ試合内で同じ選手に2枚出されてしまうとレッドカード扱いとなり、その選手は退場しなければなりません。

悪質な反則は一発目でレッドカードが出されることもあります。

サッカーは11人対11人で行うスポーツなので、退場をしなければならないレッドカードを出されてしまうと、10人対11人といった感じで不利になってしまいます。

1枚イエローカードが出された選手がベンチにいる選手と交代すると、その1枚のイエローカードは交代選手には引き継がれません。

なので、監督によってはイエローカードが出された選手は早めに交代させるなんてこともあります。ただ、チームの柱となるような選手がイエローカードになった場合、交代するのも戦力に大きく関わる為、難しいこともあるようです。

イエローカードとレッドカードが出される基準は

審判が反則に対してイエロー、またはレッド、どちらを選ぶかは審判の判断に委ねられます。なので、明確にこの反則をしたらイエローの範囲、ここまでいけばレッドの範囲といった感じの線引きはありません。