Category Archives: サッカー用語

マリーシア【サッカー用語】

サッカー用語でマリーシアというものがあります。これは反則ギリギリの卑怯なプレイという意味です。

具体的にいうと、試合中、勝っている時に時間を稼いだりするためにセットプレイでなかなかボールを蹴らなかったり、交代時ゆっくりとフィールドを去ったり、またはこちらがファールをした際、相手はすぐにスタートしたいのになかなかボールを渡さなかったりするプレイ。または足が掛かっていないのにわざと倒れて痛がった振りをする。そんなプレイのことです。

たまに過度なものは審判によってカードを出されることもあります。

マリーシアなんてするもんじゃない!

真面目な人の中にはプロなんだから正々堂々とプレイするべきで試合への遅延行為などはすべきではない!といった意見もあると思います。実際、日本サッカーでもそんな卑怯なことはやるな!的な風潮がありました。

でも、その風潮はある出来事を契機に変わったといわれています。それはドーハの悲劇というやつです。

1994年のアメリカワールドカップ最終予選、最後の試合、日本のワールドカップ本選出場条件は勝利が条件でした。試合は混戦の末2-1で日本がリードしたままロスタイムを迎えました。あと数分のロスタイムを迎えればワールドカップ出場が決定!そんな中、ロスタイムで悪夢のようなヘッドにより同点に追いつかれ、日本はワールドカップ本選出場がなくなってしまいました。

あの頃、日本がリードしているんだから、もう少し時間の使い方が上手ならば結果は変わっていたかもしれません。あの頃から勝っている時はうまく時間を使うプレイを、マリーシアを心掛ける様になったといわれています。

遅延行為なんだけど、審判にカードを出されるほどでもない、微妙な点を狙う。そんなずるがしこいプレイのことをマリーシアといいます。

キープ、キープ力【サッカー用語】

サッカーにおけるキープ、またはキープ力とは敵にボールを取られないように持つことです。

攻撃の際、相手ディフェンダーはボールを奪うことを常に考えています。そんなディフェンダーのタックルやスライディングから逃れ、取られないようにすることをキープと呼び、なかなか敵にボールを取られない選手のことをキープ力がある選手といいます。

キープ力のある選手になるには

まず、フィジカルが強い選手はキープ力がある場合が多いです。相手ディフェンスからのタックルを受けてもコケたりしない強靭な肉体があればちょっとやそっとでは取られません。

また、フィジカルが強くなくてもボールの扱いが上手な選手は取られにくいです。基本、ディフェンスの行為はスライディングにしてもボールにいってなければファールを取られます。ボールの扱いが上手な選手は足元で絶妙にボールをコントロールして、ディフェンスがボールを取りいってもファールを取られるような位置にボールを常に動かしています。

クリアー【サッカー用語】

クリアーとはディフェンスの選手が大きくボールを蹴りだしたり、ヘディングをして自陣のゴールから遠ざけるプレイのことです。

クリアーの際、大きくボールを蹴りだした先に味方がいなかったり、ゴールがラインを出てしまっても問題はありません。

あくまでクリアーは一旦相手の攻撃を阻止することに意義があります。変に味方にパスするんだということを意識してしまうとプレイに隙が出来てしまいます。

味方ディフェンスが回りに複数居て安全な状態ではクリアーする必要はありませんが、ディフェンスラインが崩れたりしてピンチな時は無心でとりあえず自陣ゴールからボールを遠ざける、といった考えの元クリアーした方が堅実でしょう。