Category Archives: サッカー基本知識

サッカー選手が試合中にガムを噛む理由

サッカーの試合を見ているとたまにガムを噛んでプレイしている選手が見受けられます。

その行為に対して、人によっては『代表戦という国を背負って戦っているのにガムを噛んでふざけるなんてなにごとか!?』と激怒する人もいます。

でも、本当にサッカー選手はふざけてガムを噛んでいるのでしょうか、訳もなくガムが噛みたいからという理由だけで噛んでいるのでしょうか、答えは違います。ちゃんとサッカー選手がガムを噛むことには意味があるのです。

サッカー選手がガムを噛む理由

ガムを噛むということは心拍数を整える効果があるとされています。これは科学的にも検証済みの結果です。

自分が蹴ったシュート1つでワールドカップ出場するかどうかが決まる、試合終了まであと数分、ここで守りきれば勝てる。そんな時敵のスター選手がドリブルを仕掛けてきている、自分のPKの結果で試合が決まる、等、サッカーをやっていると緊迫する瞬間に幾度となく遭遇します。

選手も人間です。世界一のサッカープレイヤーがPK時、ゴールの枠を大きく飛び出すキックミスをしてしまうようにビックリするようなミスをすることがあります。

そんなミスを極力しないように、心拍数を一定に保ち、緊張を落ち着かせるようにガムを噛んでいるのです。

海外のサッカーリーグに所属している日本人選手一覧2012

海外のサッカーリーグに所属する日本国籍を持つ選手を集めてみました。掲載しているのはすべての選手ではありません。主要海外リーグに所属している選手と日本代表になった、または日本代表だった選手のみを掲載しています。非掲載のインドやアメリカリーグなどに所属している選手を含めると100人近くの日本人選手が海外リーグで活躍しています。

 

 

 

 

ドイツ、ブンデスリーガ
クラブ名 ポジション 年齢 背番号
内田篤人(うちだあつと)
シャルケ04 DF 24歳 背番号22
坂井高徳(さかいごうとく)
VfBシュトゥットガルト DF 21歳 背番号2
岡崎慎司(おかざきしんじ)
VfBシュトゥットガルト FW 26歳 背番号31
香川真司(かがわしんじ)
ボルシア・ドルトムント MF/FW 23歳 背番号23
宇佐美貴史(うさみたかし)
バイエルン・ミュンヘン MF/FW 20歳 背番号14
長谷部誠(はせべまこと)
VfLヴォルフスブルク MF/DF 28歳 背番号13
細貝萌(ほそがいはじめ)
FCアウクスブルク MF 25歳 背番号7
大津祐樹(おおつゆうき)
ボルシアMG MF/FW 22歳 背番号23
乾貴士(いぬいたかし)
VfLボーフム(2部) MF/FW 23歳 背番号11
フランス、リーグアン
クラブ名 ポジション 年齢 背番号
松井大輔(まついだいすけ)
ディジョンFCO MF/FW 30歳 背番号28
ロシア プレミアリーグ
クラブ名 ポジション 年齢 背番号
本田圭佑(ほんだけいすけ)
CSKAモスクワ MF/FW 25歳 背番号7
イタリア セリエA
クラブ名 ポジション 年齢 背番号
長友佑都(ながともゆうと)
インテル・ミラノ DF/MF 25歳 背番号55
森本貴幸(もりもとたかゆき)
ノヴァーラ・カルチョ FW 24歳 背番号11
オランダ・エールディヴィジ
クラブ名 ポジション 年齢 背番号
吉田麻也(よしだまや)
VVVフェンロー DF 23歳 背番号3
カレン・ロバート
VVVフェンロー FW 26歳 背番号10
安田理大(やすだみちひろ)
フィテッセ LSB/MF 24歳 背番号16
ハーフナー・マイク
フィテッセ FW 24歳 背番号14
高木善朗(たかぎよしあき)
FCユトレヒト MF/FW 19歳 背番号18
イングランドプレミアリーグ
クラブ名 ポジション 年齢 背番号
宮市亮(みやいちりょう)
ボルトン・ワンダラーズFC FW 19歳 背番号30
李忠成(りただなり)
サウサンプトンFC FW 26歳 背番号19
スペイン・リーガ・エスパニョーラ
クラブ名 ポジション 年齢 背番号
指宿洋史(いぶすき ひろし)
セビージャ・アトレティコ FW 21歳 背番号?
ベルギージュピラーリーグ
クラブ名 ポジション 年齢 背番号
川島永嗣(かわしまえいじ)
リールセSK GK 29歳 背番号1
韓国、Kリーグ
家長昭博(いえながあきひろ)
蔚山現代FC MF/FW 25歳 背番号28

オリンピックよりもすごい、世界最大のスポーツの祭典はサッカーワールドカップ

スポーツの祭典でもっとも大きな大会はなんだと思いますか?

オリンピック?確かに日本で考えると注目度はオリンピックの方が上かもしれませんが、世界的に考えると正解ではありません。

答えはワールドカップ、4年に1度行われるサッカーの祭典です。サッカーのテレビでの視聴者数はオリンピックを5倍程大きく上回ります。

ワールドカップブラジル大会、本選にでられるのは32カ国だけ

そんなワールドカップですが、2014年に開催のブラジル大会では本選に出場できる国は32カ国となっています。

2012年5月現在、日本はワールドカップ本選出場が決まっていません。これから最終予選を勝ち残り、本選に出場できる32カ国に残らないといけないんです。現時点で出場が確定しているのは開催国でもあるブラジルだけ、、開催国であれば予選をパスして本選出場が認められるという決まりです。

サッカー選手にとってワールドカップはもっとも重要な存在

ワールドカップに出場することが子供の頃からの夢だったという選手も少なくありません。また、そこまでワールドカップに対して情熱がない選手にとっても大きなターニングポイントとなる大会でもあります。

わかりやすい例として日本で考えると、普段日本国内リーグであるJリーグ視聴者や観戦者はそれほど多くありません。それがワールドカップの中継ともなれば、多くの視聴者が集まります。

サッカー選手にとっては年間50試合以上の試合を行っている中、たった4年に1度しか行われない大会で、『あの選手はだめだ』だとか『あの選手はすばらしい』といった評価を付けられてしまうのです。

どんなに普段の試合で結果を出している選手だとしても、ワールドカップでの数試合の結果が悪いと、場合によっては暴走したサポーターに命の危険さえも脅かされてしまうのです。

ワールドカップで結果を出せば、世界中で有名な選手になり、ビッグチームへの移籍話が持ち上がったり、逆に結果を出さなければどんな名誉がある選手でも、あの選手はピークを過ぎた、もうダメだと言わてしまうのです。

色々な面を考えると、すべてのプロサッカー選手にとって、ワールドカップはもっとも大きな存在となるのです。